本文へ移動

スタッフブログ

薪ストーブクッキング「オニオングラタンスープ」

2017-01-16
あけましておめでとうございます。
少し遅めではございますが本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

先週末は最強寒波が到来!!会社の周りも、もっさりと雪が積もっておりました。しかし、午後16時位ですと、この前までは真っ暗だったのに最近ではまだ夕暮れ時を保っており、春はこっそりと近づいて来ているのだと感じます。冬至を過ぎるとお米粒一つ分づつお日様の出る時間が長くなると昔の人が言っていましたが、なんとも米どころ秋田県らしい表現だと思います。

そして!新年早々料理にもトライ!!!
今回は「オニオングラタンスープ」です。

<材料>
A
玉ねぎ
オリーブオイル
バター
にんにく

B

ローリエ
コンソメの素
塩、こしょう

C
バケット
とろけるチーズ

乾燥パセリ

<作り方>
1.玉ねぎを薄切りにします。
2.Aの材料をフライパンに入れ、弱火で飴色になるまで炒めます。
3.別の鍋にBの材料の水とローリエを入れ煮立たせ、
 コンソメ、塩、こしょうで味を整えます。味は気持ち薄めです。
4.バケットを薄切りに、チーズを乗せて薪ストーブへ投入~
 カリッと焼き上げます。
 (今回は薪ストーブの庫内へ入れることの出来る容器がなかったので、別途で
  バケットを焼きました。)
5.2.の炒めた玉ねぎと3.のコンソメスープを混ぜ上へ焼いたバケットを乗せ
 最後に乾燥パセリをパラットふりかけて完成です。

玉ねぎの甘みが際立って、バケットはカリカリだし
今回も大成功
味見と試食係の私としては、とっても満足な一品でした~

秋田マッカラー株式会社
松井

 

薪ストーブクッキング「煮豚」その2

2016-12-29
<つづき>
 7.一晩経ってこんな感じになりました

お肉がすごく柔らかく、紅茶すごい
鶏肉でやってもいけるのでは??
焼き目をつけたら、もっと美味しくなるのでは?
との意見もあり、材料も肉さえあればできるので、
他にも色々試してみたい煮豚ちゃんなのでした~

来年の営業は1月6日よりとなります。
どうぞ宜しくお願いいたします。

秋田マッカラー株式会社
松井

 

薪ストーブクッキング「煮豚」

2016-12-29
今年度の営業は本日で最後となります。
一年間誠にありがとうございました。
来年も変わらぬご愛顧の程どうぞ宜しくお願いいたします。

最後にこの前作った料理を一つ
お肉がジューシー煮豚です。
お肉の塊は、紅茶で煮ると柔らかくなるらしく。
長時間の煮込みは薪ストーブの得意分野でもあります。

<材料>
豚ヒレ肉(ブロック) 今回はブロック2個
紅茶(ティーパックのもの)     2袋

しょうゆ、みりん、酒、砂糖
割合は
(2:1:1:1)
位です。

<作り方>
1.豚肉を紐で縛ります。
肉の塊は迫力があって、テンションあがりますね 
2.鍋に水と紅茶パックを入れ沸騰させます。
3.沸騰した鍋に豚肉を投入~1時間程煮込みます。
4.時間が経ったら、紅茶のお湯を捨て、
 鍋から肉を取り出し、味が染み込むようにキッチンペーパーで包みます。
5.鍋に調味料を入れ少し煮立たせます。
6.豚肉を調味料の中にいれ、一晩漬け込みます。

<つづく>
 

クッキングスタンド

2016-12-22
前回のピザ作成の補足ですが、ストーブの中に入れてフライパンの台
にしていたのが、このクッキングスタンドSになります。
(サイズは縦17cm×横20cm×高さ12cm 定価(税抜)¥6,300)

サイズはSですが、フライパンも難なく上に乗せれましたし、
これが一つあると薪ストーブクッキングが色々できそうな予感です

秋田の冬はまだまだ始まったばかり、「寒さなんて吹きとばせ!!」なんて
言ったりもしますが、ここらへんは寒さの方がこちらを吹き飛ばそうと
気合を入れてやってくるので、手に負えません(笑)
薪ストーブのあるお家の中でゆったり過ごしたいものです

秋田マッカラー株式会社
松井

薪ストーブクッキング「ピザ」その3

2016-12-20
<つづき>
画像容量の関係で3回に分けてアップしたピザの最終章です。

7.ダッチオーブンごと、熾火になっている薪ストーブへ投入~
 専用の五徳を入れてあり、その上にフライパンをのせます。
8.表面に焼き色が着いたら、取り出します。5~8分位でした。
9.チーズの香ばしい香りが 切り分けて頂きます

生地がパリパリになっていて、めっちゃ美味しかったです
ちゃんとパンになっていましたイースト菌頑張りました
3枚目の写真は照り焼きチキンをのせて焼いてみました。
醤油の香ばしい香りが最高でした

のせる具を色々替えてみるとレパートリーも広がって、
楽しいと思います。
これからクリスマスもありますし、パーティにはもってこいかも~
薪ストーブでピザを作るという夢が一つかなってとっても楽しかったです。

秋田マッカラー株式会社
松井
秋田マッカラー株式会社
〒010-1201
秋田県秋田市雄和田草川字本田
241-44
TEL.018-886-8880
FAX.018-886-5177

mail info@akita-macller.jp
───────────────
農林業機械販売及び修理
───────────────
2018年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
【定休日 日曜・祝日】
  • 毎週土曜日 PM12時まで
1
4
6
0
9
5
TOPへ戻る